善通寺のご縁起

善通寺年表

和暦 西暦 事 項
寛永 10 1633 この年、誕生院御影堂を再建する。
寛文 6 1666 この年、瞬目大師像を天皇、法皇の叡覧に供し、「善通寺伽藍図」を下賜される。〈善通寺文書〉
寛文 9 1669 この年、御影堂焼失。
延宝年間 1673~ この頃、御影堂再建。
元禄 9 1696 4月21日、光胤権僧正、善通寺金堂再建の勧進を呼びかける。〈善通寺文書〉
4月30日、瞬目大師像、金銅錫杖頭、一字一仏法華経序品等の宝物を桂昌院の照覧に供し、金百両を賜る。〈善通寺文書〉
元禄 12 1699 8月27日、金堂再建の棟上が行われる。〈金堂棟木裏書〉
元禄 13 1700 この年、金堂本尊・薬師如来坐像、御室大仏師運長法橋により造立される。〈善通寺文書〉
宝永 5 1708 この年、高松松平家(三代頼豊)から善通寺誕生院へ与北村新開免高五石を寄附される。〈善通寺文書〉
正徳 3 1713 この年、丸亀藩、護摩料として六五石を善通寺に寄進する。〈善通寺文書〉
享保 8 1723 10月、光歓、「募勧有信檀越造立一箇宝塔之序」を刷る。〈善通寺大塔再興雑記〉
寛保 元 1741 この年、丸亀藩、善通寺に正徳三年寄進の六十五石と引換えに三百三十石を寄進する。〈善通寺文書〉
宝暦 8 1758 10月、光国、上洛し九条家に造塔の綸旨を下されんことを請う。
宝暦 9 1759 9月13日、塔再建のことを丸亀藩に届け出て、20日、許可される。〈善通寺文書〉
宝暦 10 1760 3月28日、最勝会が執行され、五重塔再建工事が始まる。〈善通寺文書〉
宝暦 12 1762 3月29日、五重塔再建の綸旨が出される。〈善通寺文書〉
寛政 4 1792 9月、誕生院寛充、香色山山頂に二明王像石碑を建て、背面に「再経函之銘并序」を刻む。
寛政 8 1796 この年、香色山の周囲に四国八十八ヶ所の石仏建立される。
文化 元 1804 10月、五重塔完成し、大塔成就の供養が行われる。
天保 2 1831 この年、御影堂を新たに建立。延宝年間建立の御影堂を移転し、常行堂とする。
天保 4 1833 3月17日、弘法大師像、誕生院新堂にて入仏式。〈善通寺文書〉
天保 11 1840 12月17日、五重塔、火災に罹り、一夕にして灰燼に帰す。〈善通寺文書〉
天保 13 1842 10月、誕生院厳曉、丸亀藩に大塔再建の願書差し出す(10月11日受理)。
弘化 2 1845 2月9日、五重塔婆再建の綸旨を賜る。

PAGE TOP

【お問いせ先】
総本山善通寺
〒765-8506 香川県
善通寺市善通寺町 3-3-1
電話)0877-62-0111
FAX)0877-62-4302