善通寺を訪れる

宝物館

施設の概要

宝物館は、善通寺が所蔵する文化財を保存するため、昭和48年4月に開館いたしました。国宝の金銅錫杖頭(こんどうしゃくじょうとう)、一字一仏法華経序品(いちじいちぶつほけきょうじょぼん)をはじめ、重要文化財の地蔵菩薩立像、吉祥天(きっしょうてん)立像などのほか、経典・聖教(しょうぎょう)・古文書をふくめると約2万点を収蔵しています。そのうち約30点を常設展示(展示替あり)として公開しています(一部の宝物は非公開)。

宝物館拝観のご案内

宝物館の拝観は、戒壇めぐりとセットになっています。

【受付窓口】

御影堂(戒壇めぐり・宝物館拝観受付)

【拝観時間】

午前8時~午後5時(受付は午後4時30分に終了します)
特別展開催時は時間を変更する場合があります。

【休館日】

定休日はございません。ただし、宝物館の展示替や施設の保守点検、寺内行事の関係で休館になる場合があります。

【戒壇めぐり・宝物館拝観料】

大人(高校生以上) 500円
小人(小・中学生) 300円
※20名以上は団体割引(2割引)料金になります。

常設展示

名 称制作年代
国宝 一字一仏法華経 序品
(複製・コロタイプ印刷)
※原本の公開は不定期
原本は平安時代
国宝 金銅錫杖頭(写真パネルによる紹介)
※公開は不定期
唐時代・8~9世紀
重文 吉祥天立像 平安・11世紀前半
重文 地蔵菩薩立像 平安・12世紀
県指定 毘沙門天立像 平安・10世紀末~11世紀前半
塑造如来像頭部(金堂旧本尊像の頭部) 奈良・8世紀後半
木造聖観音菩薩立像 平安・9世紀末~10世紀前半
木造如来形立像 平安・12世紀
木造十一面観音菩薩立像 平安・12世紀
木造稚児文殊立像 平安・12世紀
銅造阿弥陀如来立像 鎌倉・延慶3年(1310)
木造聖徳太子孝養像 江戸時代
木造如意輪観音菩薩坐像 江戸時代
木造勝軍地蔵立像 江戸時代
木造愛染明王坐像 江戸・宝永7年(1710)
不動明王立像(波切不動・高野山南院像の模刻) 江戸時代
密教法具(五鈷杵・独鈷杵ほか) 5点 鎌倉~江戸時代

※上記の他、仏画・経典・聖教(しょうぎょう)類を5点前後展示(展示替あり)。
 総作品数は約30点。
※作品保護のため予告なく展示替をする場合があります。

重文 吉祥天立像
重文 吉祥天立像
重文 地蔵菩薩立像
重文 地蔵菩薩立像
県指定 毘沙門天立像
県指定 毘沙門天立像


如来像頭部
如来像頭部
県指定 仏説観仏三昧海経
県指定 仏説観仏三昧海経

PAGE TOP

【お問いせ先】
総本山善通寺
〒765-8506 香川県
善通寺市善通寺町 3-3-1
電話)0877-62-0111
FAX)0877-62-4302