ohenro

お遍路について

お遍路

日本各地には様々な巡礼霊場がありますが、四国八十八ヶ所霊場を巡拝することを特に「遍路」と言います。四国八十八ヶ所霊場は、弘仁6年(815)、お大師さまが42歳の時に開創されたと伝えられています。

大師信仰の発露として、或いはお大師さまの足跡に倣って八十八の寺院を巡り、功徳を積もうという素朴な信仰、そうした名もなき人々の祈りによって四国遍路は実践され支えられてきました。この四国遍路は、宗派を問わず、現在も多くの人々を魅了し続け、年間数十万人ものお遍路さんが四国の地を訪れています。

八十八のお寺をめぐり、お大師さまの御修行を追体験する四国遍路は、衆生救済の御誓願を立てられたお大師さまと共に歩む「同行二人」の修行の旅です。現代においては観光化されている側面もあり、また、遍路をする目的は人それぞれ様々あるでしょう。しかし、一人で遍路していようとも、団体で遍路していようとも、お大師さまと共に歩み修行しているのだという「同行二人」の思いを忘れないことが肝心です。

お遍路の準備物

お遍路の準備物

一般的に遍路というと右の図のような白装束姿を思い浮かべる方も多いでしょうが、必ずこのとおりの格好をしなければならない訳ではありません。少々省略して、洋服の上に白衣を着け、白の運動靴でもよいでしょう。
服装は省略しても、最低限、袈裟・念珠・金剛杖・経本・納札・納経帳は所持しておきましょう。袈裟念珠は寺院巡礼に欠かせないものです。金剛杖は「同行二人」に云うところのお大師さまそのものとも云われます。経本はおつとめに必要です。
納札は訪れた寺院の本尊さまとお大師さまへ「お参りしました」と報告するものですし、納経帳は参拝した証しの朱印をいただくために必要です。

札所でのお参りの仕方

  1. まず、山門にて合掌一礼し、境内に入ります。
  2. 手水場にて口と手を清め、本堂に向かいます。
  3. 本堂で灯明、線香をささげます。
  4. ご持参の納め札や写経を納めます。
  5. 心を静め合掌し、お経を唱えます。
  6. 本堂でのお参りが終わりましたら、大師堂にて、本堂と同じ手順でお参りします。
  7. お参りが終わりましたら山門でお礼の合掌一礼をして、次の札所に向かいます。

【注意点】

  • おつとめをする時は、後からお参りされる方のため、なるべく堂宇の正面を空け、左右に寄りましょう。
  • ご朱印はおつとめの後で頂きます。

善通寺へご参拝される方へ

善通寺ではお遍路の方のために宿泊施設「宿坊いろは会館」を設けております。3月~5月と9月~11月のお遍路のシーズンは満室になる場合が多々ありますので、当日のお申し込みはお断りする場合があります。必ず、事前にお電話にてご確認くださいませ。
宿坊いろは会館

納経について

納経所の受付時間は午前7時~午後5時です。また、納経帳・納経軸・おいずる以外の物には納経御朱印はできません。
納経と朱印のご案内

PAGE TOP