稲穂巻き

2月下旬におこなわれる大会陽(だいえよう)で、五重塔より宝木とともに投下される「稲穂」が篤信者の方々によってつくられました。令和最初の大会陽は2月22・23日の両日で、この稲穂はお大師様の御宝前で宝木とともに加持されたのち、23日に投下されます。五穀豊穣、無病息災、除災招福、諸願成就の功徳があります。大会陽