月例行事

8

乳薬師御法楽

ちちやくしごほうらく
日時
午前11時より 
場所
  • 赤門筋商店街内赤門七仏薬師
乳薬師御法楽

乳薬師とは伽藍(東院)から東にのびる赤門筋商店街内にある「赤門七仏薬師」の通称です。御法楽は毎月8日の午前10時40分ごろから行われます。
赤門七仏薬師は石造で、左手に薬壺を持ち右手を施無畏印とする通形のお姿で、台座の部分に分身の六尊が浮彫で表されています。薬師如来は、現世におけるすべての病苦をのぞくとされ、特に七仏薬師は安産の功徳を得るとされ、また、拝すると乳の出がよくなるといいます。また、この法要がおこなわれる毎月8日には「赤門八日市」が開催されています。