赤門あかもん

東院「伽藍」
赤門

東門が本来の名称ですが、その朱色の塗装から「赤門」と呼ばれています。この門からつづく赤門筋商店街は、かつては丸亀・多度津方面からの参拝者でにぎわいました。また、商店街内には「乳薬師」(赤門七仏薬師)があります。