五社明神ごしゃみょうじん

東院「伽藍」
五社明神社

香川県天然記念物の大グスを背景にして、南北に並んで立つ2棟の建物が五社明神社です。流造、本瓦葺の社殿で、周囲に玉垣を廻らします。厳かな雰囲気をもつ善通寺の中でも印象的な景観のひとつです。現在の社殿は、永禄元年(1558)の兵火後に再建された江戸時代前期のものです。

二つの社殿には五柱の神が鎮座します。北側社殿に大麻明神、大歳明神、蕪津明神が、南側社殿に雲気明神、広浜明神がそれぞれおまつりされています。いずれも、善通寺周辺の鎮守神を勧請(神仏を分霊しておまつりすること)したものです。弘法大師は、寺院を建立される折、在地の鎮守神を大切にされ、社殿をたてて勧請し尊崇されました。