法然上人逆修塔ほうねんしょうにんぎゃくしゅうとう

東院「伽藍」
法然上人逆修塔

逆修塔とは、死後の往生をねがって生前に自らが建立するものです。塔は、高さ4尺(約130cm)の石造の五輪塔です。室町時代前期~戦国時代の制作年代の異なる部材により構成されています。

法然上人は讃岐に配流になった際、敬慕する弘法大師空海の誕生地である善通寺に参詣しました。