三帝御廟さんていごびょう

善通寺市指定文化財
東院「伽藍」
三帝御廟

「三帝」とは、後嵯峨天皇、亀山天皇、後宇多天皇にあらせられ、しばしば綸旨・院宣を賜わり、篤い庇護を頂戴いたしました。その遺徳をたたえるために建立された宝塔です。近年まで、伽藍の北100mほどの住宅地にありましたが、昭和39年(1964)に現在地に移されました。