聖霊殿しょうりょうでん

国登録文化財
西院「誕生院」
聖霊殿

聖霊殿は、戦没者を慰霊するために昭和15年[1940]に建設されました。当初は忠霊堂と呼ばれていましたが、第二次世界大戦後、今の聖霊殿と改称し納骨施設としての役割を担っていました。平成21年光明殿完成後は、その役割を終えています。聖霊殿の中央須弥檀上には本尊である木造阿弥陀如来像を安置してます。現在、内部は非公開です。