年中行事

4

仏生会(花まつり)

ぶっしょうえ(はなまつり)
日時
8日 午後1時
場所
仏生会(花まつり)

仏生会は、お釈迦様がお生まれになった日をお祝いする法会です。灌仏会(かんぶつえ)ともいいます。

説話によると、お釈迦様の母の右腋からあわわれたお釈迦様は、自ら七歩歩かれて、右手を上げて「天上天下唯我独尊」と獅子吼したと伝えます。また、歩かれた足跡からは蓮華が湧出開花し、この誕生をたたえて龍王が清浄水(香水)をその身に灌ぎ供養したといいます。こうした場面を再現して、釈迦の誕生を祝うのが仏生会です。

善通寺では、誕生仏をのせた白象をこどもたちが牽き、御影堂前から釈迦堂まで巡行します。釈迦堂での法会は、僧侶による読経ののち、花御所(はなみどう)に安置された誕生仏像に甘茶を濯ぎ花を献じて供養します。法会のあとには甘茶の接待がございます。

白象の行列にはお子様が自由に参加できます。当日、午後12時50分に西院・御影堂前にお集まりください。参加のお子様にはお接待がございます。