年中行事

4

正御影供

しょうみえく
日時
第3土・日曜日 午後1時
場所
正御影供

承和2年(835)3月21日(陰暦)、弘法大師空海は高野山奥の院にて御入定されました。その祥月におこなわれる正御影供は、宗祖の御恩に感謝の誠をささげる法会です。

法会は2日にわたっておこなわれます。初日はお大師さまの御入定を偲び、二日目の法要では、献香、献茶がおこなわれ、また、朱塗りの三方にのせられた山海のさまざまな食材や御菓子を僧侶たちが手渡しで供養壇におくり、最後に導師の手で御宝前にそなえて、お大師さまの恩に報い感謝の念をささげます(百味供養)。祭文(さいもん)の読誦は、寺内若手僧侶によって独特の調子で声高らかに読み上げられます。

この正御影供にあわせて、伽藍では春市(植木市)がひらかれます。